宗教ではない仏教 ビジネス縁起観 浪 宏友事務所

 


 


 


 


 


 


 

 

市民サークル 夕焼けクラブ

 

FIDR/公益財団法人国際開発救援財団

  

原因・条件・結果・影響の原理から見た
現代科学と仏教

  

  

原因・条件・結果・影響の原理

 「原因・条件・結果・影響の原理」は、釈迦牟尼世尊が説かれた「縁起の法」の。現代的表現です。

 あらゆる事象は、この原理によって動いています。

原因
 ものごとが起きるには、必ず「原因」があります。
しかし、原因だけでは何も起きません。
条件
 ものごとが起きるには、必ず「条件」があります。
しかし、条件だけでは何も起きません。
結果
 「原因」と「条件」が触れ合うと、必ず、なんらかのものごとが起きます。
起きたものごとを「結果」と言います。
影響
 「結果」が、それだけで終わることはありません。
必ず、あとあとに「影響」を残します。

  

現代科学

 現代科学は、ものごとを観察、観測、実験などを行って、ものごとにおける原因・条件・結果・影響の関係を見出します。

 その目的は、客観的な立場から、ものごとの事実を明らかにし、その事実における法則を明らかにすることと言っていいでしょう。

 研究対象によって、自然科学、人文科学、社会科学というように分類されています。

 事実と法則が明らかになれば、これを利用して、さまざまな技術の開発を行うことができます。

 

仏教

 

 仏教では、自分の心身における原因・条件・結果・影響の関係を観察し、それによって身心を整えようと努力します

 また、自分と他の人との間における原因・条件・結果・影響の関係を観察し、それによって人間関係を整えようとします

 それは、苦しみ悩みを解決して、幸せを目指そうとする努力です。

  

現代科学と仏教

 現代科学も仏教も、ものごとの原因・条件・結果・影響の関係を見出そうとする点で、共通しています。

 しかし、上記に見るように、対象と目的は異なっています。

 ここから、現代科学の果たそうとしている役割と、仏教が果たそうとしている役割には違いがあると、見ることができます。

 互いに、それぞれの役割を尊重しつつ、協力していくことによって、人類の発展に寄与することができると思います。

  

≫≫宗教ではない仏教 ビジネス縁起観の研究 トップ