宗教ではない仏教 ビジネス縁起観 浪 宏友事務所
トップページ→仏典に学ぶ/ダンマパダ→人がもしも善いことをしたならば

  

ダンマパダ

  

人がもしも善いことをしたならば

  

118

 人がもしも善いことをしたならば、それを繰り返せ。善いことを心がけよ。善いことがつみ重なるのは楽しみである。

120

 まだ善の報いが熟しない間は、善人でもわざわいに遭うことがある。しかし、善の果報が熟したときには、善人は幸福(さいわい)に遭う。

122

 「その報いはわたしには来ないだろう」とおもって、善を軽んずるな。水が一滴ずつ滴(したた)り落ちるならば、水瓶でもみたされる。気を付けている人は、水を少しずつでも集めるように善を積むならば、やがて福徳にみたされる。

解説

 『ダンマパダ』の第118句、120句、122句です。解説するまでもないと思います。

 善とは、真理に適(かな)っていることと言えますが、それではちょっとわかりにくいようです。

 私たちは「自分・相手・世間のすべてを幸せにする行ないは善である」と解釈しています。


イラスト:麦さん(イラストACより)

  


お問合せ TEL&FAX 026-224-2638  E-mail harusazanka@ae.auone-net.jp