宗教ではない仏教 ビジネス縁起観 浪 宏友事務所
トップページ仏典に学ぶ/ダンマパダ→つとめ励むのは

  

ダンマパダより

出典:中村 元訳『ブッダの真理のことば 感興のことば』岩波文庫

  

つとめ励むのは

  

21

 つとめ励むのは不死の境地である。怠りなまけるのは死の境涯である。つとめ励む人々は死ぬことはない。怠りなまける人々は、死者のごとくである。

22

 このことをはっきりと知って、つとめはげみを能く知る人びとは、つとめはげみを喜び、聖者たちの境地をたのしむ。

解説

 『ダンマパダ』の第21句と第22句です。

 つとめ励むとは、人さまのためにもなり、自分のためにもなることに努力することです。このような人々は、自分らしく生きている人々であり、自分の生命を大切に生きている人々と言えましょう。

 怠りなまけるとは、人さまのためにもならず、自分のためにもならず、かえって人さまに迷惑をかけ、自分を退歩させるようなことをすることです。このような人々は、自分の存在価値を捨てている人々であり、自分の生命を粗末にしているのです。

 つとめ励みの中に喜びを覚えた人々は、たゆみなく成長して聖者の境地に到ることができるのです。

  

  


お問合せ TEL&FAX 026-224-2638  E-mail harusazanka@ae.auone-net.jp