宗教ではない仏教 ビジネス縁起観 浪 宏友事務所
トップページ仏典に学ぶ/ダンマパダ→身体がむらむらするのを

  

ダンマパダより

出典:中村 元訳『ブッダの真理のことば 感興のことば』岩波文庫

  

身体がむらむらするのを

  

231

 身体がむらむらするのを、まもり落ち着けよ。身体に対して謹んでおれ。身体による悪い行ないを捨てて、身体によって善行を行なえ。

232

 語(ことば)がむらむらするのを、まもり落ち着けよ。語について謹んでおれ。語による悪い行ないを捨てて、語によって善行を行え。

233

 心がむらむらするのを、まもり落ち着けよ。心について謹んでおれ。心による悪行を捨てて、心のよって善行を行なえ。

解説

 『ダンマパダ』の第231句、第232句、第233句です。

 「むらむらする」とは、怒りがこみあげてくることでありましょう。怒りは自分を不幸にし、相手を不幸にします。何も良いことはありません。

 経文は、怒りを表面化することなく、落ち着けましょうと言っています。怒りを落ち着かせるのは理性のはたらきです。

 怒りによって悪い行ないをするところを、理性で怒りをおさえ、かえって善い行ないをしましょうというのです。これができれば人生が変わってくることでしょう。


イラスト:栗山ナツさん
(イラストACより)

  


お問合せ TEL&FAX 026-224-2638  E-mail harusazanka@ae.auone-net.jp