宗教ではない仏教 ビジネス縁起観 浪 宏友事務所
トップページ→浪 宏友ビジネス縁起観塾

浪 宏友ビジネス縁起観塾 休塾のお知らせ

  

 浪 宏友ビジネス縁起観塾は、コロナウイルス感染症のため、当分の間休ませていただきます。

 その間、原始仏典『ダンマパダ』をひもとき、少しずつ、学ばせていただきたいと思います。

  

原始仏典『ダンマパダ』より

出典:中村 元訳『ブッダの真理のことば 感興のことば』岩波文庫

  

252

 他人の過失は見やすいけれども、自己の過失は見がたい。ひとは他人の過失を籾殻のように吹き散らす。しかし、自分の過失は、隠してしまう。――狡猾な賭博師が不利な骰の目をかくしてしまうように。

253

 他人の過失を探し求め、つねに怒りたける人は、煩悩の汚れが増大する。かれは煩悩の汚れの消滅から遠く隔たっている。

  

解説

 『ダンマパダ』の第252句、253句です。

 世の中には、他人の過失や欠点を見つけるのが得意な人がいます。この人は、他人の成功や美点をみつけることはしません。

 他人の過失を見つけては、大声で指摘し、非難し、喧伝します。このようにして自分を正当化するとともに、偉い人になったような気分にひたるのです。

 自分が過失を犯したときは、見つからないように隠したり、他人のせいにしたりして、知らん顔をします。

 こうして、自分の貪欲・瞋恚・愚痴を増大し、幸福への道を自ら閉ざしてしまいます。恐ろしいことだと思います。


イラスト:栗山ナツさん(イラストAC)

浪 宏友ビジネス縁起観塾の学習に使用したレジュメを公開しています。