宗教ではない仏教 ビジネス縁起観 浪 宏友事務所
トップページ→浪 宏友ビジネス縁起観塾

浪 宏友ビジネス縁起観塾 休塾のお知らせ

  

 浪 宏友ビジネス縁起観塾は、コロナウイルス感染症のため、当分の間休ませていただきます。

 その間、原始仏典『ダンマパダ』をひもとき、少しずつ、学ばせていただきたいと思います。

  

原始仏典『ダンマパダ』より

出典:中村 元訳『ブッダの真理のことば 感興のことば』岩波文庫

  

19

 たとえためになることを数多く語るにしても、それを実行しないならば、その人は怠っているのである。ーー牛飼いが他人の牛を数えているように。かれは修行者の部類に入らない。

  

解説

 『ダンマパダ』の第19句です。

 「ためになること」とは、その教えを学び実践すれば、苦しみが解決するばかりか、本当の幸せを得ることができる道です。これは、釈迦牟尼世尊の教えを指しています。

 ためになることを数多く語るのですから、釈迦牟尼世尊の教えを数多く知っているわけです。ところが、当の本人は、教えを実行しないのです。それでは、自分の苦しみを解決することもできず、幸せになることもできません。

 当時のインドでは、牛は貴重な財産です。他人の牛を数えても自分の財産は増えません。自分の財産を増やすことに努めていないのであれば、怠けていると言われても仕方がないでしょう。

 釈迦牟尼世尊の教えを知っているけれども、実行していない人は、何の修行もしていないと言わざるをえないのです。


イラスト:阿部モノさん
(イラストACより)

浪 宏友ビジネス縁起観塾の学習に使用したレジュメを公開しています。